スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズッキィニ

ズッキィニは美術家・本原玲子と静岡のデザイン専門学校の有志によるデザインプロジェクトです。
被災地に「こどもたちの笑顔」「防寒具」を届けようと、かわいい子供用の防災ずきんをデザインしました。
イラスト

被災地の保育園で行った頭巾の縫い付けワークショップでは、参加したお母さんたちの間に和やかなコミュニケーションが生まれました。
幼稚園での防災訓練に使っていただくと、電車やひよこの形がこどもたちにつながって歩く行為を促すサインとなり、思わぬ教育効果につながりました。
募金、物資提供、節電以外でわたしたちができることを!という思いから始まったズッキィニは、こどもの笑顔と、地域のコミュニティと、防災教育をサポートすることに発展しました。

これまでの活動、これからのズッキィニの活動を支援してくださる方、ズッキィニのデザインを使って防災頭巾を作ってみたい方は、ご連絡下さい。
どうぞよろしくお願いします。


ズッキィニ
本原玲子、竹下英里、保科明日香、栗山菜帆、太田理沙、荒川みゆき、堀井香代、
岡本歩美、塚田雄太、佐伯尚久、芦澤沙保里、綾部萌、大石千尋、吉平彩見

copyright 2011-2013 ズッキィニ
意匠登録申請中/ズッキィニのデザイン・無断使用禁止


【デザイン】いちご、ひよこ、電車、

110409_rana 110410_kohta03

110410_okhta


立ち絵

【第1回は、こどもボランティアが活躍する多賀城市へ伺いました】
幼稚園児用の防災頭巾:60個(赤・青・黄各20)
お届け日:4月16日(土)




【第2回は、「多賀城市太陽の家」へ伺いました】
幼稚園児用の防災頭巾:24個(前回から繰り越し)+26個
ワークショップ:縫い付け作業を保護者18名と行いました
お届け日:7月7日(木)




スポンサーサイト

熊本での大きな震災をうけて、覚書です

2011年4月16日仙台市に隣接する多賀城市文化センターを訪ねたときの経緯と、そのときの様子を書いてみます。

・多賀城市文化センターは、たまたま3月19日のNHKでこどもボランティアが活躍していると報道されたところだ。テレビでは、小学1年くらいの男の子が「ここが最高列」です、と看板をもっているのが映されたが、その神妙な顔がしんどかった。これくらいの年になったら、ふざけたり、笑っちゃいけないと感じ取ってるだろうと思った。

・避難所でアンパンマンの曲がかかったら、小さな子が踊りだしたというニュース。状況をうまくのみこめないこどもの様子が避難所のおとなを和ませたと聞く。

・枕と防寒具が足りないという報道から、防災頭巾にかわいいアップリケをしたものを持っていたら、枕代わりにもなるし、ぬいぐるみも何もなかったらいいかもしれないと学生と考えた。

・そういうものを作ったけれど、必要なところがあるか?とtwitterやら電話で問い合わせるも、必要物資の品目にありません、とのこと。3/19のニュースで見た多賀城市文化センターに電話すると、副館長の佐藤正道さんが、「おもしろそうだなぁ。ぜひ、お願いします。」と。そして、「もし、可能なら、子供用の靴下と下着を持ってきてもらえると助かります」とのこと。そのとき、静岡市で、紙おむつの小さなサイズは売り切れ。持っていける範囲の靴下と下着を積んで行く。

・震災直後、2000人近く避難者がいた多賀城市文化センター。私たちが到着した4月16日には、およそ600人くらいの方が避難生活をしていた。ちょうどその日、市内中心部でガスが復旧したということで館内にいた方は少なめ。

・日々、刻々と避難所の状況は変わっていくと、実感。

・避難生活が始まった直後、こどもたちはその異常な事態に興奮して、ハイになってしまっていたので、副館長である佐藤正道さんが「こどもルーム」を作って、そこでお絵描きをさせると、こどもたちは落ち着いた、という話だったが、私たちが到着した1ヶ月目にもなると、こどもたちもだんだん飽きてきて、動きたいし、目新しいものに飛びつくとのこと。自動販売機の交換に人が来るだけで、人だかりになると話してらした。今は、ダンスやコマ遊びなど体を動かすワークショップをする人たちに来て欲しい、と。

・この避難所ではまったく争いごとなどがなかったとのこと。ひとえに、副館長の佐藤さんの采配だ。テレビでみたような広い床にテープを貼って、各家族ごとに分けられたりしておらず、ダンボールで囲って階段の踊り場や廊下で暮らしている人もいる。「大勢と一緒が苦手なひともいるから。」「この部屋はこどものいる方が多い部屋。ここから仕事に行くひともいるんで、留守中、他のお母さんにみてもらえるし。」

・文化センターの裏にある大学の学生が勝手に始めたんですよね、という図書コーナーもあったし、マッサージの技術があるから、やりたい!という方がミニマッサージサロンみたいなコーナーも作っていた。

・震災からほぼ1ヶ月目、ほしいものリストの一番に女性用の化粧品があがっていた。

驚くほど、おだやかな雰囲気を作っていたあの避難所は佐藤正道さんがあの場を見守っていたからと思う。
震災から4年目の去年、佐藤さんを訪ねてインタビューした内容を自分のぼっちぃMacと触ったことがないPremiereで編集しきれずにいた自分を今、ぶっとばしてやりたいけど、とりあえずのメモ書きです。

震災直後の避難所で、絵を描いたりすることはこどもたちにとって有益と思われます。

意匠とキッズデザイン

2013年1月11日

1月7日(月)
■ライオン頭巾の意匠の申請
直す箇所がいくつかありましたが、発明協会の宮枝さんに協力していただき申請することが出来ました。今年に入って35件目だそうです。

1月11日(金)
■朝伊久美幼稚園訪問
ホーリーが新作頭巾を持って、朝伊久美幼稚園に行ってきてくれました。
先生も園児も喜んでくれたそうです。

05.jpg

03.jpg


■感想もらいました!
・か~わ~い~い~!
・このアイデア楽しいね!すごい!
・小さなアップリケ(マーク)が付いたのは見たこと有るけど、こうやって耳とか付けてあるのは見たことないし考えてもみなかったよ!
・これなら間違えずにすぐかぶれそうだね→子どもたち同士で頭巾をかぶせあっていて、こっちが前!とか言ってました
・あったかいし可愛いね
・これ来そうじゃない!?イイジャンイイジャン!!


朝伊久美幼稚園のみなさんご協力ありがとうございました!

展示の様子

展示会も、21日(金)までです。
新作の静岡バージョン「カツオ」「桜えび」「うなぎ」「富士山」「オートバイ(←かぶって、ハンドルは自分の手でブーンブーンとやります、新しい!)」もお待ちしています。

こう見えて、単純な富士山もなかなか難しかったんです!
電車を作るにあたっての(紆余曲折)制作プロセスも紹介。
発想の転換がつねに必要でした。

やってみないと、わからなかったことばかり。
手伝って下さった総勢53名の方たちに心より感謝いたします。
皆様、お時間がございましたら、お立ち寄り下さい。

地図は、こちら。
http://www.sdc.ac.jp/try/designfarm.html

展示風景「静岡シリーズ」
いちご、電車、ひよこ、犬、クマ、タカ

お知らせ

ズッキィニの展示をします!
日時:12月4日(火)〜12月21日(金)[11日・18日は休み]
   11:00〜18:00
場所:静岡デザイン専門学校サテライトギャラリー「デザインファーム」
   静岡県静岡市葵区七間町14−13

これまでブログで紹介してきた「ひよこ」「いちご」「電車」「いぬ」頭巾に、新作『静岡シリーズ』を加えた、思わずかぶりたくなっちゃう可愛い子ども用ずきんを展示します。
期間中は実際にかぶれるコーナーもあるので、自分に似合う頭巾を探してみてください。

かわいい?感じ

非公開ずきん

9月21日(木)
参加者:本原先生、岡本、堀井、綾部、芦澤、大石、荒川

今日は、シズデ204教室でやりました。

戸村先生の指導のおかげで、どんどん形になっていくずきん!
プロはすごいです。

布を切り終わるところまで出来たので、後は肌色?の布を買ってプロの手にお願いしましょう。

あんぱんおいしかったです。

(荒川)

新作続々

9月13日
参加者 本原先生、太田、芦澤、綾部、塚田、荒川、吉平、大石

今日は新作ずきんの制作を進めました。

芦澤、綾部ペアは順調に桜えびの制作を進めていました。
このペースでいけば完成も間近かもしれません!
いったいどんな桜えびが出来上がるのか、非常に楽しみです。


一方、メロンチームはずきんに画用紙を貼付けて模様の確認をしましたが、なかなかうまくいきません。
設計図では確かにメロンに見えるのに、
実際に貼付けてみるとなかなかメロンらしくなりません!

夏休み中はみかんに苦戦しましたが、今回のメロンといい
果物シリーズは難しいということが判明しました。
今後も健闘していきたいです!

次回は戸村先生が指導に来てくださいます。
戸村先生は私たちでは出せないすばらしいアイデアをたくさん出してくれます。
私たちも先生に負けないようがんばりましょう!


二学期です。

9月6日 木曜日
参加者 本原先生、堀井、芦澤、綾部、吉平、大石

夏休みを終えて、いよいよ二学期です。
夏休み中、ズッキィニは新作ずきんの制作に取り組み、数々の試作品を作っていました。
二学期もこのペースのまま進めていきたいです。

作業中

本日も新作の桜えびやメロンのラフができあがり、順調に作業が進んでいます。
苦戦すると思っていた桜えびが、意外とすんなり完成したので安心しました。

しかし、残りの新作がなかなか苦戦しそうなものばかりです。
次回も気合いをいれてアイディアを出していきましょう。

また、今日は久しぶりに裁縫道具を使いました。最近は紙の作業ばかりでしたが、
これから縫う作業が増えると思います。一つ一つ縫うのはとても大変ですが、これもがんばりましょう!



9月1日は静岡県の防災の日でした。いろいろな所で避難訓練などが行われたと思います。
私たちズッキィニが、このような訓練や実際の災害時などに少しでも役に立てるよう、
これからも努力していきたいです。

ズッキィニの夏休み パート4

8月23日(木)
参加者:本原先生、塚田、佐伯、吉平、綾部、大石、荒川

今日は
・バイク頭巾
・みかん頭巾
・新作頭巾
の制作を主にやりました。


■『静岡シリーズ』の続き
色画用紙を使って、平面デザインを立体デザインにする作業。

電車のときもそうでしたが、乗り物系頭巾は難しい!
今回のバイクもみんなで壁にぶち当たりました…が、
なんと、今日出来てしまいました。綾部制作!バイク頭巾!
かぶって前かがみになるとバイクになれちゃう頭巾!ハンドル付きです。




みかん頭巾はトンガリがうまく克服出来ず苦戦!途中パイナップルになりかけましたが、
なんとかみかん頭巾のデザイン決まりました!!

みかん


■新作頭巾
前回型紙が出来たので、今日は布でつくってみました。
今回も戸村先生の力をお借りして、慣れない裁縫にチャレンジ。
ミシン久しぶりに使いました。
フェルトのようなペラペラの布でしたが、それでも紙とは大違い!
ミシン

なんだかとってもいい感じです。


■次回は
・『静岡シリーズ』の続き 平面→立体
・新作頭巾の調節機能確認
など

(荒川)

ズッキィニの夏休み パート3

8月9日
参加者 本原先生 荒川 堀井 芦澤 塚田 佐伯 吉平 大石

新作の制作と、デザインを考えました。

ラフ




今までのずきんとは全く違う、新しいかたちをしているので
ファッションデザイン科の戸村先生に、キルトの布で出来るかどうかご指導していただきました。

制作風景1


いろいろな試行錯誤を重ね、初めの型紙とはずいぶん違うかたちになりました。
おそらく私たちだけではここまでたどり着けなかったでしょう。
戸村先生、ありがとうございます!

まだ型紙の段階なので、布で作った時どうなるかわかりませんが、
うまく出来るといいです。

着々と新作ずきんの制作が進んでいます。
次回はどんなずきんができるか楽しみです。

ズッキィニの夏休み パート2

8月2日

参加者 本原先生、堀井、荒川、芦澤、綾部、大石


カツオ、ウナギと新作をすすめました。

前回とても苦労したカツオとウナギですが、
今回は動物博士の異名を持つ芦澤、綾部ペアが来てくれました。
これは心強い!!特に芦澤ちゃんは魚類のエキスパートですからね! 

ああああああ

2人の手にかかればカツオもウナギもあっという間でした。
ちょっと目を離した隙にかなり完成度の高いものが出来あがっていましたよ。

今回初めて銀色のずきんを使ったので、リアルなカツオの質感を出すことに成功しました。
カツオがリアルなので、ウナギは可愛くしました。
ウナギ

完成したずきんの写真はまた後ほど。

とにかくカツオとウナギがあっさり完成して、一安心です。
前回は愛が足りなかったのかもしれません。

次回も新作のずきんがさくさく完成するといいなぁ。

本日のお菓子
お菓子

もうすぐ夏休み

2012.7.19
これからのスケジュールについて話し合いました
参加者:本原先生、堀井、太田、岡本、芦澤、綾部、大石、吉平、荒川

今日は、シズデ5Fでやりました。
冬にファームで何を、どのように展示するのか、みんなで考えました。
展示時期が12月ということもあり、クリスマスネタが爆発。

しかし話し合いの結果、今回のファーム展は「静岡県」をテーマにすることになりました。


■来週までにしておくこと
・静岡県ネタのラフを考える

■来週やる内容
・オリジナル頭巾の試作?
・頭巾の製造もとに送る依頼書づくり
・ラフの検討

■夏休みの予定
毎週木曜日15:00~
シズデ集合!!(お盆は除きます)

暑い日が続きますががんばりましょう!!

(荒川)

QRコード

2012.7.12
今日はシズデ5Fでやりました。

参加者:本原先生、大石、吉平、綾部、芦澤、塚田、荒川

今日はQRコードをつくりました。
これからまた活動していきます。

学ぶこといろいろ
DSC_0018.jpg

QRコード誕生!!
QRcode.gif

(荒川)

NHK生中継!!

5月31日(木)シズデ5Fでやりました。
参加者:本原先生、堀井、太田、岡本、吉平、綾部、芦澤、大石、塚田、佐伯、萩原、荒川

今日はなんと!NHKの番組「たっぷり静岡」の生中継にズッキィニメンバーが総出演してしまいました!!
授業が終わりすぐ集合し、それぞれの役割を確認。
2回リハーサルがありましたが、緊張は増す一方でした。
18:10にオープニング映像を撮影
18:33に中継スタート!

7分という短い時間でしたが、みんな頭巾をかぶり可愛さをアピール!みんななれないことで緊張しまくり…
中継はなんとか成功し、みんなで喜びの舞!
SANY0253.jpg

いちご頭巾をかぶったどーもくんも出演!似合ってる!
SANY0249.jpg

最後は本原先生からいただいたお茶とお菓子でリラックス。
みんなで卒業生の映像作品をみました。
SANY0264.jpg

今日はグッスリ眠れそうです。(荒川)

教育ITソリューション2日目

5月17日(木)教育ITソリューション2日目
メンバー:八木さん、佐藤さん、石田さん、荒川

1日目より人が少なかったようです。午前中はあまり忙しくありませんでした。
15時くらいから人が増え、多くの人とお話することができました。

SANY0090.jpg

■ズッキィニの活動説明については
・黄色の紙を渡す
・ファシル+本原先生+シズデ学生だということ
・並んで歩くサインになること
を主に伝えました。
「太陽の家」の写真が大きく飾ってあったので、説明しやすかったです。

SANY0070.jpg

■いろいろな立場の人の意見
・「太陽の家」の今の様子、並んでる写真(画質いいもの)があるといい。(園長先生に送ってもらいたい):八木さん
・デザインに関して、子どもが興味をもって訓練できるのが良いと思う。先生が全てやってあげるのはよくない。もたついて、訓練に時間がかかっても「子どもが自分でやる」ということが大事。もたつきから何かわかることもある。:戦争体験者70代男性
・いちごのタネは何で緑色?黒ではだめ?黒の方が葉と間違えないし、頭巾の赤とタネの黒でかっこ良くなりそう。黒なら男の子も使えそう。:40代女性

SANY0087.jpg

最後1時間くらい荒川が実際にかぶって接客したのですが、なかなか良い反応が返ってきました。
・若い女性は「カワイイ」と近寄ってきてくれて、最終的には自分たちもかぶって記念撮影。
・IT関係者は通りすがりに笑って会釈してくれるようになりました。
・頭巾の写真をとっていく人もいました。

■並んで歩くサイン…などの説明については「なるほど」「すごい」「大人目線の考えでなくて良い」など良い反応がもらえました。


(荒川)

作り方に関するデータの見直しと修正

シズデ204教室でやりました。
参加者:本原先生、堀井、太田、岡本、吉平、綾部、芦澤、大石、塚田、佐伯、萩原、荒川

今日は
■作り方のデータなおし
■いちごの配置指示用の厚紙づくり
をしました。

いちごのタネの配置が思っていたよりも大切だったことに気づき、配置の目安を厚紙でつくりました。
厚紙担当の太田と岡本、なかよしコンビでがんばってました。

DSC_0008のコピー

作り方データは印刷用になおしました。A4で表に作り方、裏には配置の目安に図面に㌢をかいたもの。
IllustratorやPhotoshopの普段使わない機能を使い、今日も学ぶことの多い日でした。そんななか、今日も安定のホーリー先生↓

DSC_0007のコピー

男子チームも電車の作り方がんばってました。でもわたしの記憶が正しければ男の子1人多い…

DSC_0009のコピー

いつもと少し違う教室。ちょうど良い広さでした。

DSC_0016のコピー

2年生すごくがんばってます!!

DSC_0017のコピー

(荒川)

ありんこの里で打ち合わせ

5月1日(火)に「ありんこの里」で打ち合わせをしてきました。

<参加者>
授産所ありんこの里:施設長の櫻井さん、施設員の高橋さん、手話通訳士の小林さん
NPO法人オールしずおかベストコミュニティ:倉嶋さん、磯部さん
ファシル株式会社:八木さん
ズッキィニからは本原先生と星野

前回お願いしてあった見本品の確認と、今後の流れについて話をしました。
全体で集まるのはこの日が初めてです。

ズッキィニ5/1

出来上がったものは4種とも、とても丁寧できれいに縫い上がっていました。
ですが、細かい点でいくつかの課題も見えました。

・いちご    ①種の位置と向きの指示がないためむずかしい
        ②葉っぱをつける位置がわかりにくい
        ③葉脈の模様がむずかしい→はじめから描いておいてほしい

・電車     ④全体のパーツの配置バランス(耳穴との距離関係をはっきりさせる)
        ⑤赤ラインの端を内側まで縫うのか淵でとめるのか

・ひよこ    ⑥くちばしのサイズ確認
        ⑦目の位置が難しい

・いぬ     ⑧耳型の形が最終案と違った(型紙確認)


①②④⑤⑦のご意見から、図面の表記は細かく丁寧でないと、初めて縫う人には伝わらないということがわかりました。
図面は片面ではなく両面ほしいというご要望も。
③⑤に関しても再度検討の必要があります。

打ち合わせ後、静デで綾部さん、塚田君、佐伯君とも話をし、上記のご意見をもとに図面と作り方の確認をしました。
図面については、イラストではなく防災ずきんの実物写真に直接寸法を入れればわかりやすいし、商品写真と配置図面が1枚にまとまるのではないかという案が!

次回5/8(火)
作り方、配置図面の最終チェック → 完成 → 印刷
パーツキットもこの日ファシルさんに出来上がってくる予定なので、合わせてもう一度ありんこの里で見本品を作ってもらいます。

人になにか伝えるということは難しいですね。
仮見本は素晴らしい縫い上がりでしたので、あとはズッキィニで作り方と図面の調整です。
がんばりましょう。

(星野)






いろいろ

参加者:本原先生、堀井、岡本、太田、塚田、佐伯、綾部、吉平、芦澤、荒川
今日は、シズデ5Fでやりました。
DSC_0241.jpg

時間があまり無いことに気がつき、緊急の集まり。
現状の確認と今後の予定について話しました。

作り方の下書きは完成!!ペン入れと色をすすめていきましょう!
図面もほぼ完成しているそうです。

ホーリー先生の色塗り講座
DSC_0242.jpg

■パーツセットについて
すでに切り抜いてあるモノにするか、フェルトに切り取り線がプリントされているモノにするか、ただいま見積もり待ちです。
そして、フェルトに切り取り線がプリントされているモノにする場合の線の色をDIC2159に決めました。
DSC_0246.jpg

DSC_0249.jpg

今日改めてズッキィニを部活にするか悩みました。
どうなるんでしょうか?

(荒川)

作り方

参加者:本原先生、星野さん、堀井、塚田、佐伯、大石、綾部、吉平、芦澤、荒川
シズデ5Fでやりました。
今日は、作り方と図面について話し合いました。

■下書きチェック
ひよこずきんの作り方は、とさか部分の説明が難しく、中に織り込むところをどう絵にするか全員でペンを持ち考えました。
DSC_0237.jpg

いちごずきんの作り方は葉脈部分の説明が長くなってしまったので、まとめ直し、レイアウトも少し変えました。
DSC_0227.jpg

いぬずきんの作り方は、パーツが多いため情報量も多く、まとめるのが大変そうでした。鼻、鼻まわり、舌の取り付け方法の説明を見直しました。
DSC_0223.jpg

作り方だけではわかりにくいということで、図面もセットにすることになりました。図面が思ったよりかわいかったです。

絵柄の参考に本をみました。
DSC_0219.jpg

いつの間にかIllustratorとPhotoshopの勉強会になっていました。
DSC_0220.jpg DSC_0230.jpg
 
さすがホーリー先生!!
DSC_0222jpg.jpg

(荒川)

忘れないこと

1年前の今日、2011年4月16日に多賀城市へ行きました。
もう1年というよりは、まだ1年。そんな気持ちです。

目の前のことを、自分たちにできることを、丁寧に。

いろんな方に出会えたから、気持ちを持続できるのだと思います。
明日も、元気にがんばりましょう。(本原)
カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。